MENU

車両保険の必要性とは

車両保険の必要性について総合的な視点から解説を行っています。

 

万が一事故を起こして人にけがを負わしてしまったりし号させてしまった場合人生そのものに大きな影響を及ぼす事になります。

 

多額の賠償金や慰謝料だけではなく自分や家族の人生までも変えてしまうのです。

 

車両保険は絶対に必要なものなのです。

 

ここ何年か、車両保険料は値上がり傾向にあります。
さらに1度使うと「事故あり」と見なされ元の等級に戻る3年間、割増な状態になります。
そのため少額の事故では車両保険を使う機会が減りました。
何かの時の保険が気軽に使えないのが今の現状です。
そこでよく聞く「保険の見直し」をしてみましょう。

 

見直すと言っても保険の内容は最低限の保障しておきたいですよね。
どのような事に気を付けて見直しをしたらいいのでしょうか。
ここでおすすめするのは、車両保険に加入している方が対象です。
それは、免責金額の見直しです。
大概の方は免責金額が0円になっていると思います。
この免責金額と言うのは、車両保険を使う時に免責分は自己負担になり、その分を差し引いた金額が保険から出ると言った物です。
0円であれば手出しが0円と言う事ですね。
ただ、この手出しがないと言う事はその分保険料が高いと言う事です。
例えば、免責が0-10万と言うのだと、1年間で1度目の事故は手出しが0円、2度目以降は10万円の手出しがあると言う事になります。
ただ、その分10万円と言うリスクを契約者も背負うので保険料も下がります。
この免責が曲者なのです。

 

最初にも言いましたが、事故で保険を使うと3年間の割増期間があります。
その為に、少額では保険を使わないケースが増えましたよね。
10万円以下なら保険を使わず自払いで修理する事が多いです。
でしたら、最初から10万円なり5万円の免責金額を設定してしまった方がお得と言えます。
よく考えてみて下さい。
例えば、10万円の修理代のかかる事故があったとします。
しかし翌年保険料が上がるので免責が0円でも10万円自払いで支払うんですよ。
でしたら、免責を10万円にしておけば保険料自体は安くなっていますよね。
その分お得なんです。
免責を10万円にしないでも、5万円にしても保険料は確実に下がります。
ただ、当然ですが保険を使った場合には免責分は保険から出ませんので注意です。
ここでおすすめしたいのは、免責を5万円がリスク負担も少ないと思います。
少しでも車両保険料を安くしたい方は、この「免責」を見直してみてください。